三悪魔の構成を考えてみる

公開日: 魔法の迷宮

いよいよ明日、伝説の三悪魔が実装されます。もちろん私も挑戦しますので、構成についてちょっと考えてみます。

先日放送されたDQXTVで、斎藤P、椿姫彩菜さん、ガチ沼さん、サイトーVさんが伝説の三悪魔に挑戦し、見事討伐されていました。
この放送を見るまでに考えていた構成は、パラ賢バト僧。

作戦は、パラが開幕スティックでキラポンを配り、スタンショットでヒドラを足止め(効くかは不明)。バトはひたすらヒドラを攻撃、賢者はヒドラのテンション解除と攻撃。
1分でヒドラを落とすのは無理なので、バラモスゾンビが動きだしそうなタイミングでパラはゾンビと相撲へ(押せるかは不明)。

パラはゾンビのブレイクブレスをキャンセル。
バトと賢者は次のブロスが動き出す前に頑張ってヒドラを倒す。

ヒドラを倒したらパラはブロスとの相撲にシフトして、バトと賢者はゾンビを攻撃。

とこんな感じでイメージしてたんですが、DQXTVでの三悪魔を見る限り2分でヒドラを落とすのはちょっと難しいかなぁと思いました。
おそらくヒドラのHPは20000~25000でしょう。放送ではバラモスブロスが動き出す2分のあいだに、バトマス(ガチ沼さん)が放った天下無双は10発でした。
150×6として2分で9000ダメージを与えています。
仮に構成をバト2にしたとしても2分で18000ダメージとなり、ブロスが動き出すまでにヒドラを倒すのは難しくなります。しかもこれは一度も死ななかった場合で、連続かみつきなどで1度でもやられてしまうとさらに手数が減ってしまいます。

DQXTVでは、戦バト僧スパで見事討伐に成功していましたが、その戦いから色々な情報を見ることができました。

まずはゾンビとブロスにはことごとく幻惑が入ること。
これはおそらく多少入りにくくなる修正が入ると思いますが、
全く入らないようにはしないと思うので、おそらく有効でしょう。

鉄甲斬、やいばくだきなどのデバフが入ること。
これは大きいですね、やいばくだきが2段階入れば被ダメはかなり減らせますから、生存率もぐっと上がります。

ブロスがズッシオノ戦士で拮抗できていたこと。
バラモスが押せる重さならブロスも拮抗はできそうですね。

じゃあくのツメが思ったほど威力が高くなかったこと。
230×2回程度のダメージでしたので、やいばくだきやスクルトを入れれば即死はしないはずです。

以上のことを踏まえて、戦武魔戦僧か、武レン魔戦僧のどちらかで挑戦しようと思います。

戦武魔戦僧(入るかわからない幻惑に頼らないパターン。)
魔戦のバイキで高い火力を出せますし、戦士のやいばくだきで被ダメを軽減、武のGFでテンション対策もできます。

武レン魔戦僧(幻惑パターン)
レンジャーはマヌーサのほかに、暗黒のきりも使えますし、オノを装備すれば高いダメージを出すこともできます。火力は先ほどの構成よりは多少劣るものの安定感は増しそうです。

スパ入りもよさそうですが、放送と同じだと面白くないですからね。

明日一番心配なのは朝6時に起きれるかということ。
いつもの調子で夕方にコーヒーを飲んでしまって全く眠くない。。。


ブログランキングに登録してみました!
よかったら応援お願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

コメントフィード

  • follow us in feedly