【ネタバレあり】バージョン3.2のラスボスは怒りがカギ

公開日: ドラクエ10, ボス

バージョン3.2のラスボスですが強すぎると話題ですが、僕も何度挑戦したかわかりません。これまで3回野良パーティーで討伐に成功しましたので、攻略のヒントなどを書きたいと思います。

ボスの詳細については攻略の虎のページを見てください。

勝利へのポイントは結晶死守と怒りタゲ下がり

氷魔フィルグレアはHPが黄色になるタイミングで攻撃したプレイヤーに対して怒りが発生します。この怒りは2分30秒~3分程度も続くのでターゲット以外のプレイヤーは、この間ガンガン攻撃することができます。
さらに結晶の効果が発動すれば、ミラーリングを使わせずに一気に倒すことも可能です。

道具使いが怒りを取れば楽勝?

2015_12_27_3
この戦術を使うときに一番重要になるのは誰が怒らせるかです。戦戦道僧の構成では、ほとんどの攻撃が戦士によるものですから、HPが半分になったタイミングで怒りの対象になるのは大抵の場合戦士になるでしょう。しかし戦士であろうと怒りをもらったプレイヤーは下がらなければなりません。

氷魔フィルグレアのHPは102000程度なので、約51000与えたところで黄色になります。
敵に与えたダメージを計算できれば、半分になりそうなところで戦士は攻撃をやめ、道具使いだけが攻撃を開始。多少時間はかかるかもしれませんが、道具使いで怒りを取ればかなり楽に倒すことができます。

スポンサーリンク

2015_12_27_2
1回目討伐時は道具使いで怒りを取ることができ、ミラーリング前に倒せました。

2回目討伐時は戦士の僕が怒りを取ってしまいましたが、それでも怒り解除までのあいだに残りの2人がかなり削ってくれたのでミラーリング後も早い段階で1体を落とすことができました。
戦士2構成では真やいばくだきがあるので2体になってもある程度耐えられるのが強みです。

個人的にはこの構成が良かった。

魔構成では魔が壁をする意識を持つ

パラ魔魔僧もいいと聞いたので何度か試しました。
パラ魔構成の最大の問題は壁をするという意識がない魔法使いさんが多いことです。
戦闘中にも色々と会話で戦術などを話し合ったりするのですが、やはり本番ではなかなか壁に入ることができない。

2015_12_27_1
ウェイトブレイクが入ればパラディン1人でも押すことができますが、ウェイトブレイクは技巧レベル5でも入らないときはとことん入らないです。

エステラが結晶を召喚すると、フィルグレアはそちらに向かうのでパラディン1人では壁抜けする可能性も高くなります。壁さえちゃんと機能すれば魔構成でも倒せると思うので、魔法使いさんは壁を意識してみてください。勝負は怒り持続時にどれだけダメージを与えられるかです。

パラディンの動きですが、堅陣、ファランクス、大ぼうぎょ、ウェイトブレイク、におうだちなど。結晶を守るときはにおうだちがおすすめです。
マヒャデドスは詠唱がかなり長いので発動時に大ぼうぎょが解けないように調整。
結晶効果中はグレンネビュラも使うといいでしょう。

しかし今回のストーリーボスは強い・・・


ブログランキングに登録してみました!
よかったら応援お願いします!
スポンサーリンク

コメント

  1. とある未熟者より  

    サポでのクリアはどうなのでしょうか?ミラーリング、2体によるリミットオーバーで全滅です

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コメントフィード

  • follow us in feedly