ダークキングの行動一覧

公開日: ドラクエ10, ボス

ダークキングⅠの行動調査を行いました。攻撃属性や必要耐性、回避方法などを解説しています。ご参考に!

2016_7_6_2
やみのはどう
前方範囲に220~260程度の無属性ダメージ+全属性耐性低下、守備力2段階低下、攻撃力2段階低下、移動速度低下
「やみ」のはどうですが、無属性攻撃です。
背後に移動することで回避できるので、前衛はきっちりかわしましょう。
耐性低下はキラポンで防げますし、プラズマリムーバーでも解除可能です。

2016_7_6_1
紫雲のたつまき
対象と周囲に300~330程度のダメージ+猛毒
猛毒ダメージは3秒ごとに90ダメージ。
使用頻度が高いため、毒耐性は必須です。
画像はダークキングに真やいばくだきが入った状態でのダメージです。
左のプクリポさんだけ2倍のダメージを受けているのは「やみのはどう」による全属性耐性低下状態となっているからです。

2016_7_6_4
キングプレス
周囲に600程度のダメージ+ふっとばし
非常に強力で発動も早いので、回避が難しい攻撃。
攻撃力依存のダメージになので、スクルトやヘナトスでダメージを軽減できます。
画像は攻撃力低下が2段階入った状態のダメージです。
追記:調べた結果、ターンエンドと押し反撃のみの攻撃でした。

スポンサーリンク

2016_7_6_3
召喚
ダーククリスタルを召喚します。
ダーククリスタルが放つ紫色の光の軌道上にいると570~620程度のダメージを受けてしまいます。ダークキングはHPが減ってくると頻繁に召喚するので、光の軌道を常に気にしながらの戦いを強いられます。
おそらく無属性ダメージです。
追記:ダークキングのHP90%から使用します。

2016_7_6_6
【HP黄色から】
ダークシャウト
周囲にショック+自分のテンション1段階上昇
ダークシャウトはレグナードの竜の咆哮のように、おびえ100%やキラポンでは防ぐことはできませんが、まもりのたてなら50%の確率で防ぐことができます。
竜の咆哮と比べて範囲が狭いため、少し距離がある状態なら離れることでも回避可能です。
画像の僕(なつお)が立っている場所までは咆哮が届いてません。

2016_7_6_5
【HP黄色から】
ダークテンペスト
広範囲に風属性の9999ダメージ×2回ダメージ
ダークキングに密着していると当たりません。
常にダークキングを視界にいれ、発動を確認したらレーザーの軌道に注意しつつ安全地帯へ移動しましょう。
追記:ダークシャウトは紫雲のたつまきの次に必ず使用するという法則があります。
HP黄色以下の紫雲のたつまきが見えたらダークキングの近くに移動しましょう。

2016_7_6_7
「戦士、魔戦、道具、僧侶」の構成で討伐しました。
色んな構成で討伐可能だと思います。

引き続き調査を進めます。
ダークキングⅠ 攻略


ブログランキングに登録してみました!
よかったら応援お願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コメントフィード

  • follow us in feedly