占い師の職業スキルを調査しました

公開日: ドラクエ10, 特技・じゅもん

占い師の職業スキルについて調査しました。

アルカナ占い(専)

2016_7_29_7
このスキルを取得すると「じゅもん」からアルカナ占いを選択できるようになります。
アルカナ占いを使うと2時間のあいだ、指定種族のモンスターがタロットコインの破片を落とすようになります。タロットコインの破片を99個集めて錬金釜に入れるとタロット魔人と戦うことができる「タロットコイン」を作ることができます。

全職業で隠れた敵が見える

2016_7_29_6
地中ゴーグルやオカルトメガネを装備していなくても、マドハンドやゴーストが見えるようになります。
ちいさなメダルの交換枚数が10枚から1枚に変更されたのはこのためだったんですね。
地中ゴーグル、オカルトメガネは装備枠を空けるために捨ててしまっても良いでしょう。

ライトフリング、レフトフリング

2016_7_29_2
通常の1.2倍のダメージを与える。ダメージは攻撃力依存。
ライトフリングは右の2枚、レフトフリングは左の2枚を敵に投げつけます。
不用なカードを新しいものに入れ替えたい場合に使用すると良いでしょう。

タロットの威力アップ

2016_7_29_1
タロットカードによるダメージや回復量が上がります。
48Pでダメージ2倍、回復量1.2倍
80Pでダメージ3倍、回復量1.4倍
100Pでダメージ4倍、回復量2倍
になります。

スポンサーリンク

リセットベール

2016_7_29_4
CT:40秒、開幕:15秒
全手札を引き直し、60秒間みかわし率がアップします。
手札のカードを引き直したい場合やみかわし率をアップさせたい場合に使用すると良いでしょう。チャージタイムよりみかわし率アップの効果時間のほうが長いため効果を継続することもできます。

エンゼルのみちびき

2016_7_29_3
CT:40秒、開幕:15秒
デッキにエンゼルスライムのカードがあった場合、一番左の手札に移動させることができます。

アルカナ効果次第でかなり有効に使うことができるスキルです。
例えば「力」ならたたかいのビートと同じ効果を得ることができますし、「愚者」ならダメージが1.2倍になる魔法陣を使用できます。「太陽」なら全体回復もできます。
CTも40秒と短く、アルカナ効果によって様々な使い方ができそうです。
占い師を使いこなすためにはエンゼルスライムカードが必須になるでしょう。

魅惑の水晶球

2016_7_29_5
CT:120秒、開幕:25秒
40秒間、タロットのダメージが1.5倍、回復量が2倍になる。
効果は40秒と短いですが威力は絶大です。
効果時間中は専用のアイコンが付きます。


以上、占い師のパッシブスキル調査でした。
次はアルカナの効果について調べていきたいと思います。


ブログランキングに登録してみました!
よかったら応援お願いします!
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名  

    パッシブスキルって、コマンドを選択してアクティブにしなくても発動するスキルなので、この中で該当するのは『全職業で隠れた敵が見える』『タロットの威力アップ』だけですよね。

  2. 通りすがり  

    確かに、”職業スキル”と言い換えた方が正しいかも

  3.  

    >職業スキルに修正しておきました。

  4. ロック  

    ひき直し時ターン不要
    書いてないけど、ひき直しってなんですか?

  5. ムーミン  

    ひき直しは手札の4枚のカードがいずれも気に入らない時に
    ターンを使って1枚ひき直すことが出来るってことだと思いますけど・・・

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コメントフィード

  • follow us in feedly